チーム概要

クラブ名:一般社団法人アザリー飯田フットボールクラブ

呼 称:アザリー

創 立:1995年

ホームタウン:長野県飯田市

会 長:上沼 直樹

事務局:〒395-0155 長野県飯田市三日市場2112-1


1995年、村上代表(現在:事務局長)の元に飯伊のサッカー好きが集まり、

アザリー飯田の歴史がスタートしました。

発足当時のチーム名は飯田FCでしたが、1999年市民球団を目指すと共に

「アザリー飯田」と改名されました。


エンブレムの由来

みつばつつじ(AZALEE)

AZALEEは、フランス語でみつばつつじ。飯田市花を表しています。

三つの刀(SWORD)

みつば(三つの刀の刃)にかけて、一つの刃が情熱・礼儀・尊重を表しています。

青白ライン(BLUE & WHITE)

アルプス山脈の青と天竜川の川波の白を、チームカラーとしています。

10枚の葉(PARTNER)

サッカーは11人のスポーツ。10人の仲間を表しています。


ごあいさつ

当法人は2016年に20年の節目を迎え、21年目の新たなスタートとして

一般社団法人化となりました。

これまで支援していただいているパートナー及びファミリー・アザリスタの

皆様には改めて感謝致します。

法人化に踏み切った背景には、取り組んできた事や積み上げてきた事を

どのように後世に残し継承していけるのかを考えたときに辿り着いた答えでした。

「サッカーを通じて、豊かなスポーツ文化の普及・発展を図り、

スポーツを中心とした地域ネットワークの構築と青少年の健全育成」を

目的として掲げています。

そして「情熱」「礼儀」「尊重」この3つの言葉を柱として各チームで

活動しています。

1995年の創部当初はトップチームのみで活動を開始しましたが、

やがてジュニア、ジュニアユース、キッズ、女子、シニアを立ち上げ

幅広い世代がサッカーを楽しめる環境づくりを進めて参りました。

これまでの歴史の中でプロ選手(宮下周歩・当時松本山雅FC所属)も輩出し

育成にも力を注いでいます。

今後は更なる育成基盤の強化を進めプロ選手の輩出を目指すと共に

「地産地翔」というサイクルを生み出して生きたいと考えています。

トップチームは「7割以上が地元出身選手で構成されるプロクラブチーム」を

目標に【JFL】参入を目指します。

家族や親戚、近所の知り合い、学校の同級生、会社の同僚など身近に感じられる

選手が頑張っていればきっと応援したくなるはずです。

創設者である村上氏、前代表の麦島氏の思いを受け継ぎ地域の人々が

サッカーを楽しみ、サッカーを愛し、応援されるクラブに!

そして、50年、100年続く地域密着型のクラブ作りを目指します。

クラブスタッフと地域の皆様とで夢の実現に向けての一歩ずつ歩んで参ります。

今後ともアザリー飯田をよろしくお願いいたします。

一般社団法人

アザリー飯田フットボールクラブ

会長 上沼 直樹